武蔵野読書生活

神保町と古書店、そしてうまいカレーが好きな本好きのブログ

歴史資料の「断捨離」基準(ウチの場合)

歴史やミリタリー関連の資料を一時期手当たり次第買っていた時期があった。その当時、Web編集者として歴史関連の案件を手がけることが多かったためだが、室内が手狭になり、またそちらの仕事の内容が変わってきたこともあり、手持ち資料全般でいわゆる「断捨…

軍靴のヴァルツァー10巻発売、「そして戦友はヴァルハラへ」に泣く

中島三千恒氏『軍靴のヴァルツァー』第10巻がついに発売されましたね。 まさか今日店頭に並んでいるとはつゆ知らず、ちょっとコミックコーナーを覗いたら新刊棚に鎮座ましましていたので速攻で購入。 「うぉ、ヴァルツァー」の新刊だ!とほぼ脊髄反射で買っ…

「ハクソーリッジ」を観る前に読む!『歴史群像』2017年8月号沖縄戦&浦添グスクの記事

「ハクソーリッジ」の上映が始まってそろそろ二週目ですね。 当方、もろもろ都合があって残念ながらまだ観に行けておりません。 そのためブログに皆さんがアップされた感想等はブックマークだけして全く読んでいないという、なんとも寂しい状況(映画を観た…

藤崎版・銀河英雄伝説は平成の「三国志演義」か?

藤崎竜氏が描くコミック版銀河英雄伝説がアツい。 ビッテンフェルトは脳筋バカキャラになってしまい(実際暑苦しいキャラだし)、 カリスマ提督ホーランドは、もはや新興宗教の教祖のごときオーラを放って消えていった… アスターテ会戦に登場するラインハル…

海上護衛の馬車馬「海防艦」に思いを馳せる

「艦隊これくしょん」(以下、艦これ)の2017年春イベント「出撃!北東方面 第五艦隊」を先日クリアした。今回のイベントでは、報酬艦の他にドロップ艦として新艦種「海防艦」が登場した。 小型艦艇好きな私としては、擬人化等はともかくwとして気にしてい…

『軍靴のヴァルツァー』は兵器の進化と運用の変遷の教科書になるか?

ちょっと前に知人から紹介されて読んだらハマったコミックが『軍靴のヴァルツァー』。19世紀中葉の欧州をモチーフにした架空の国家を舞台に軍事的な才能に恵まれた青年将校が大活躍する物語だ。 軍事的才能に恵まれた青年将校、などと書くと、あたかも『銀河…

読み応え満点、精密イラスト&大縮尺模型写真満載の『日本海軍艦艇図鑑』

先日、仕事帰りに書店で見て、思わず買ってしまったのが『超ワイド&精密図解 日本海軍精密図鑑』だ。 以前、1/2000の旧バンダイミニスケール海外艦艇プラモデル(現アオシマブランドで海外艦艇の一部が販売中)の塗装参考用に、某社の艦艇関連のムックを買…

科学少年マインドが甦る!?「南極建築 1957-2016」を見てきました

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」ということで、銀座LIXILギャラリーで開催中の「南極建築 1957-2016」を見に行ってきました。 遙か昔は「科学少年」として南極やら宇宙に思いを馳せたものでしたが、もはやそれも遠い昔の話になってしまいました。それ…

「復興支援」と「美味しんぼ」……東京国際ブックフェア 震災復興支援シンポジウム

先日まで東京ビッグサイトで開催されていた東京国際ブックフェア、その最終日7月5日に開催された震災復興シンポジウムを聴講する機会を得た。以下は当日取ったメモから再構成したもので、基本的には自分用備忘録という感じでのまとめのつもりだ。 なお、当日…

元祖レトロフューチャー「小松崎茂の世界」を堪能

SF

先日、所用で出かけた際にちょいと銀座まで足を伸ばし展覧会を見てきた。 「小松崎茂 幻の超兵器図解 復刻グラフィック展」というヤツだ。 「小松崎茂」と言っても最近の若い人達は知らんだろうけど、40代後半以上のオッサンには今は無きプラモメーカーイマ…

タルタルソースのイベントが実は破天荒で面白かった

先日、前職でお世話になった著者さんのタルタルソース試食会兼不惑記念パーティに行った。 会費制で非常にこじんまりとした会でしたが、著者さんの得意分野であるタルタルソースを参加者皆で賞味しつつ、和気藹々と数時間盛り上がったいい催しだった。 面白…

ムラサメ型巡洋艦の命名規則を考える

SF

「宇宙戦艦ヤマト2199」、何度見てもいいですねえ。映画館で買ったBD、すり減るくらい(比喩)毎週というか隔日くらいで見てマス。で、今回のヤマト世界観の特徴は、ミリタリーテイストによりリアリティを持ち込んだ。 海上自衛隊の階級や用語を参考とし、艦…

吊りこそ日本の伝統芸……館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」1万人の事前招待会に行ってきたけど、あの庵野館長の特撮愛のすごさに圧倒された3時間でありました。前半、過去の特撮番組のプロップの展示があり、その後で『巨神兵 東京に現る』の上映という構…

諸星大二郎氏のご尊顔

最近知ったのだが、諸星大二郎氏のお名前は「モロホシダイジロウ」なのだそうだ。 ずーっと「モロボシ」だと思っていたのだが、どうやら違うらしい。てか何かの作品内で「モロボシ」って見たような気がするんだけど勘違いだったのかもしれない。最近、河出書房新社…

小松左京氏の思い出

SF

いささか旧聞に属するが先頃小松左京氏が逝去された。日本SF界の巨人として数々の作品を我々に読ませてくれた巨人がいなくなった空白感は、私のような末端のSFファンであっても一抹の寂しさを感じるわけだ。 ちなみに「小松左京氏との思い出」とあるが、残念な…

東北新幹線車内での線量値測定

先日、東北新幹線に乗車した際にiPad+ポケットガイガーで測定した線量値をpachubeで表示させたグラフだ。車内のテーブル上にポケットガイガーを上向きで設置し降車時まで放置して測定した。 ちなみに東京から一関まで東北新幹線を利用、一関からは東北本線(…

モバイルでの線量計データをインターネット経由で全世界に公開する

先日、廉価版線量計のタンジブルデザイン製「ポケットガイガーKIT for iPhone」を入手した。価格は3500円でこの手の線量計としては破格の安さだ。ちなみに「ガイガー」と名乗っているが、線量測定は半導体を用いるもので、いわゆるガイガーミュラー管は搭載…

簡易モニタリングポストを自宅に設置

東日本大震災以降、公私とも多忙で日記もすっかりご無沙汰になってしまった。ということで梅雨が明ける前に再開wさて、こんな本が売れている。震災便乗本の一種だけど、なかなかどうして中身は濃い。ガイガーカウンターの仕組みから、入手可能なガイガーカ…

震災関連情報まとめメモ 3/15 今回の地震、多くの方が亡くなられ、かつ被災されて今も不自由な生活を送っている。 私も実家が内陸地域ですが被災エリア近傍にあり、知人や親戚が仙台、茨城など被災エリアで生活している。 そこでいろいろな機関や企業が情報…

「星空の二人」…ハードSF作家謹製のお手軽屋台料理をしばし堪能

SF

昔、出版社に勤めていたとき、仕事柄遅めの昼飯を摂ることになるが、だいたい手早く済ませるべく近所の牛丼屋や社内ワゴン販売のサンドイッチ、コンビニ弁当になりがちだった。ただ、小さな楽しみは週に二回、本社社屋脇の小さな広場にバンで営業に来るカレ…

ヤマト大クロニクル…ファンならば一読の価値がある好著

SF

ヤマト実写版「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきた。様々な前評判があり、さらに先に見た人々の評価等々、期待と恐れを持ちながら映画館に足を運んだ。もう、冒頭から泣ける泣ける…、沖田艦とゆきかぜのエピソード、沖田艦を追い抜いて地球に落下する遊星…

進まぬ巻数に妄想走るw

ふらっと昼飯時に立ち寄った書店に並んでいたのが『ベルセルク』第35巻、もちろん最新刊。以前は、春と秋の年二回刊行のペースだったが、どうも最近は乱れがち。ここのところは年一回秋刊行という感じになっている。今回の内容は…と書きたいところだが、まあ…

テルマエ・ロマエ、風呂に入ってから読むか読んでから入るかw

日本人は風呂好き(断言)。しかしそれに負けず劣らずお風呂好き好き民族がローマ人だったとか。今のイタリア人を見ていると(個人的に友人が居るわけではないが)あまりピンと来ないが、ローマ人の風呂好きはかなりのものだったらしい。イタリアも火山国で…

「はやぶさ」明日からJAXAiでカプセル展示、模型新製品も登場

大手町のJAXAiで「はやぶさ」の大気圏突入カプセルの展示が明日15日から始まる。また、府中郷土の森博物館などで上映中の「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- ハヤブサ〜バック・トゥー・ジ・アース」も大人気上映中。DVD、BDにもなったが、ここは府中郷土の森博…

鬼才ヒラコーの快進撃!『ドリフターズ』

先日、「今、『ドリフターズ』が面白いらしいッスよ」と知人から聞いた。 最初、あの「ウィーーーッス」のいかりや長サンの方かと思ったので「え、何をいまさら?」と更に聞いたら、あの学園黙示録でも大活躍のヒラコーこと平野耕太の新作だとか。 こりゃ読…

世界を核戦争の淵から救え!

「ねんがんのBOPデザイナーズノートを手に入れたぞ!」ということで、20年ぶりに読みましたよ、『バランスオブパワー デザイナーズノート』。Amazonマーケットプレースで入手したがお値段9,000円w なんでこんなに高いのか。まあ、1989年初版で以降増刷が掛…

日本空襲、模擬原爆は全国各地に投下されていた(追補版)

※こちらのミスで8/2版記事に付加されていたものを戻しました。 米軍が原爆投下に備えて模擬原爆を用いていた事実をご存じだろうか。この模擬原爆は長崎型原爆「ファットマン」と同一形状で橙黄色に塗装されていたことから「パンプキン」と呼ばれ、1945年7月2…

夏休み、妄想の海外旅行ならこれ!

最近、県境のナゾとか変な国ネタなど地理・歴史の本が増えたと思いません? 私は小国とか、滅亡した歴史上の国、全く架空の国とかが好きだ。小学生の頃、NHKで「プリンプリン物語」という児童向け人形劇が放送されたときなど、主人公一行が毎回新しい国を訪…

万博?万博と言えば大阪万博のことだろう

上海万博が開催中だ。今年の10月までということで、知人も先日見に行った。ぜひ見に来たいと思っているが、予算とか都合とかで行けそうもない。ちなみに私の中でバンパクと言えば、未だに日本万国博覧会こと大阪万博のことだ。 実は大阪万博には行っていない…

金星を立体パズルで作る

仕事で都心に出るついでに、ビッグサイトで開催されている東京おもちゃショー2010へ。 先日の日記に引き続き本ネタではないが、趣味の宇宙系アイテムはちょいと期待できるので足を伸ばしてみた訳だ。ということで脱線お許し頂きたい。 さすがに休日だけあっ…

落雷からデータやパソコンを守れ

IT

いよいよ関東も梅雨明け、夏本番だ。 夏本番というと気になるのが雷。読書と関係ない、と言う人も居るかも知れないが、ウチはスキャンした雑誌データがパソコンに保存してあるので、万が一落雷でHDDがトンだら目も当てられない。ちなみに落雷事故でウチは電…

『乙嫁語り』姉さん女房は大手小町の夢を見るか

今、姉さん女房が熱い! といってもアヤシイ話ではなく森薫氏が19世紀中央アジアを舞台に描く『乙嫁語り』第1巻、そして最新刊の2巻がメチャクチャ面白いのだ。 森薫氏と言えば英国での恋物語を描いた『エマ』が有名だけど、まさか今度は中央アジアの若嫁を…

『学園黙示録』登場兵器編

今週は『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD(ハイスクールオブデッド)』第6巻発売、そしてアニメ放映とファンには大きなプレゼントが相次いだ。 アニメ「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」ACT.1は佐藤ショウジ氏のコミックの雰囲気を高いレベルで映像化…

『学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド』

もうすぐ『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』第6巻が発売される。ということでおさらいの意味で床主市の特徴をまとめてみた。★床主市の特徴・陸上自衛隊のヘリコプター部隊は駐屯していない(第1巻ACT.1で学園上空に飛来したブラックホークに向かっての台…

『アイアムアヒーロー』エア聖地巡礼(後編)

さて主人公鈴木英雄の足取りを追うエア聖地巡礼も勢いで後編をば。移動距離約110kmで、前編石神井編の移動距離数キロ程度とは大違い。第3巻を読めば判るけど、複数の交通手段を使って居る訳だ。ご注意 ※今回の後編は結構ネタバレしているので、コミック第3巻…

『アイアムアヒーロー』エア聖地巡礼(前編)

読めば読むほど味わいのある花沢健吾氏のホラーコミック『アイアムアヒーロー』。第1巻、第2巻は練馬区の石神井や三原台が舞台だ。ところが私は練馬に住んだことがないので土地勘がまったく無く、主人公鈴木英雄が第1巻第10話からあちこち移動しているがいっ…

『アイアムアヒーロー』&『学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド』

『ビッグコミックスピリッツ』で花沢健吾氏が連載中のホラーコミック『アイアムアヒーロー』、昨日既刊全三巻を遂にプチ大人買い。前は職場で読んでいたのだが、毎週細切れで読んでいることにガマンできなくなり、遂に単行本に手を出した次第だ。ゾンビが登…

『図説・幕末志士199』

NHK大河ドラマ『龍馬伝』もいよいよあと半年、坂本龍馬が幕末の日本を所狭し駆け巡り尊皇から佐幕まで数多くの志士達に出会う展開となってきた。ただ志士達の多くはよっぽどの歴史マニア出もない限り名前を聞いてもすぐどのような人物か思い浮かぶ人は少ない…

再開

すっかり仕事にかまけて放置していた当ブログですが、ぼちぼち再開したいと思ってます。 いろいろ面白い本も読んでいるところなので。

『誰にも書けなかった戦争の現実』

本書が取り上げている内容は、連合国の兵士と国民の生活を通して描き出した第二次世界大戦のある「現実」である。戦場で暇を持て余した兵士向けに刊行されたペーパーバック、総力戦によって戦場が後方の市民生活と重なった結果、残酷な現実と向かい合うこと…

『ぼくらはみんな、ここにいる』

SF

本書には激しい戦闘シーンがある訳でもなく、強烈な主張を持つ時間犯罪者が出てくる訳でもない。ただただ淡々と江戸時代に謎の現象で飛ばされた少年少女達が、サバイバルの工夫をしながら時代と折り合って生きていく物語。 先日文庫化されたとのことで、この…

『水はなんにも知らないよ』

私が「水に優しい言葉をかけると綺麗な結晶が出来る」というハナシを聞いたのは2006年秋頃だったと記憶している。このような考えは、マトモに科学を勉強している人間には噴飯ものだが、恐ろしいことにこれを信じて子供に授業で教えている教師がいるのだとい…

『三千年の海戦史』

先日、会社の同僚と飲んでいて、日本は海洋国家か否か、ということが話題になった。私は海洋国家であると思っているのだが、同僚は違うと言い、なかなか認識が一致しない。つまるところ資源の多くを海外からの輸入に頼っている日本は基本的に海洋国家だが、…

『ガンダム センチュリー』

1981年、ガンダムブームのさなか、当時の多数刊行されていたファン向けの解説書の水準を、遙かに超える一冊の書籍が送り出された。それがこの『ガンダム センチュリー』だ。ガンダムの製作に関わったスタッフの多くが参加した本書は、余りの記載内容の水準の…

『一年戦争全史』

本書を今年の春に見たときには、「嗚呼、学研も遂に自社パロディか!!」、そして「学研も遂にガンダムか…」という思いが… まず、表紙からして可笑しい。大西将美氏のリアルタッチで描かれたザクやコロニーはともかく、デギン・ザビとギレン・ザビがいかにも…

『世界征服は可能か?』

970年代の日本の特撮やアニメに出てくる悪役は、異星人なら地球征服、同じ地球人なら世界征服というお題目を唱えていることが多かった。私も子供の頃は、それらに出てくる悪の組織に影響されて、世界征服というものを妄想したことも…本書は、その「世界征服…

図説・幕末戊辰西南戦争―決定版 (歴史群像シリーズ)出版社/メーカー: 学研発売日: 2006/07メディア: ムック購入: 1人 クリック: 27回この商品を含むブログ (6件) を見る

うちの母方の先祖は伊達藩某支藩の足軽頭で、戊辰戦争の時は奥羽山脈を越えて秋田藩領へ攻め込んだらしい。現代に於いてなお佐幕派の私としては、秋田藩が奥羽越列藩同盟を裏切らなければなあ、と時たま妄想することが…ということで今回は戊辰戦争関連のムッ…

ネットはテレビをどう呑みこむのか? (アスキー新書 016)作者: 歌田明弘出版社/メーカー: アスキー発売日: 2007/06/09メディア: 新書購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログ (18件) を見る

IT

本書は週刊アスキーでの連載記事をまとめたものだ。そういう意味で週刊アスキーの歌田氏の連載を丁寧に読んでいる読者は、改めて買う必要は無いかも知れない。ただ、本書を上梓するにあたって、かなり加筆訂正を行ったという話も聞くので、連載以降の状況の…

街場の中国論作者: 内田樹出版社/メーカー: ミシマ社発売日: 2007/06/02メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 43回この商品を含むブログ (48件) を見る

西の巨大な隣国、中華人民共和国。一国二制度や社会主義国なのに資本主義、そして核兵器で武装した安保理の常任理事国、という全貌を捉えることが難しい大国だ。先年の反日暴動や来年の北京オリンピック等、我々の耳目を集めるネタにも事欠かない。 最近はそ…

世界の戦争博物館 (歴史群像シリーズ)作者: 三野正洋出版社/メーカー: 学研発売日: 2006/08メディア: ムック クリック: 12回この商品を含むブログ (1件) を見る

諸外国にあって日本にないものの一つが戦争博物館だ。日本で各種兵器を見に行こうと思ったら、日本各地を廻らないとならないことが多い。例えば三式戦飛燕や四式戦疾風は知覧へ行かないと見ることができないし、二式飛行艇は前はお台場で見ることが出来たが…